住まいるコラム

2020-07-18
暮らし発見!!住まいるコラム

住まいや暮らしに関わる専門家がテーマに沿って語るコーナーです。
7、8月は「PinoStyle」(広島市中区)代表でインテリアコーディネーターの山田真佐江さん。ライフスタイルに合わせた心地よい部屋づくりのこつを聞きました。
2回目のテーマは「イメージの具体化」です。

住まいの整え方編 ビジョンボード 理想を形に

 理想の暮らしをイメージしたら、次は「ビジョンボード」で具体化していきましょう。ビジョンボードは、自分の夢を写真などで目に見える形にしたもの。理想の実現を後押ししてくれるアイテムとして、女性の間で人気を集めています。

 まずは、ライフスタイルやインテリア、家具など、自分が希望するイメージに近い写真を集めます。インテリア雑誌やカタログの切り抜き、インターネットの画像をプリントアウトしたものなどを収集。その中からよりすぐりの画像をA3サイズくらいのボードに貼って、ビジョンを形にしましょう。

 1枚のボードにまとめる過程で、好みのインテリアや色、素材などの傾向が明確になります。また、切って貼るというシンプルな作業をしていると、自分の世界に入り込め、自らの心と向き合う大切な時間を過ごせます。作業に集中するうちに、いろいろなひらめきが湧いてくるのもメリットです。

 出来上がったビジョンボードは、よく目にする場所に飾ると、部屋づくりのモチベーションが上がります。お気に入りの写真は、スマートフォンやタブレット端末に保存を。持ち歩けるようにしておけば、理想に近い家具や雑貨を探す時に役立ちます。

理想を集めたビジョンボード

お気に入りの写真を集めて貼ったビジョンボードの例。「リゾート風のリビング」「料理を楽しみ、友人を招ける家」など、漠然としていた理想のイメージがリアルになってきます。具体的にインテリアデザインを決めたり、カーテン・家具などのアイテムを選ぶ際にも、ビジョンボードを見直すことで迷わず進めていくことができます。

仲間と夢をシェア

ビジョンボードは、1人で作っても効果的ですが、仲間と一緒に作るのもお勧めです。PinoStyle主催のワークショップでは、参加者同士が作業しながら交流し、互いの夢を応援し合います。講師(PinoStyle山田さん)のアドバイスも受けられ、理想の暮らしを実現する時間が早まります。

担当者写真

山田 真佐江さん

PinoStyle(ピノスタイル)
広島市中区
http://www.so-so.co.jp/member/yamada_ma/