住まいるコラム

2019-07-06
暮らし発見!!住まいるコラム

住まいや暮らしに関わる専門家がテーマに沿って月替わりで語るコーナーです。
7月は、Tree styleの中塩五月さん。インテリアコーディネーターで住空間収納プランナーとしても活躍しています。暑い夏を快適に過ごす、住まいづくりのこつを聞きました。
1回目のテーマは「風通し」です。

夏の部屋づくり編 風の通り道つくり快適に

 高温多湿の日本で室内を涼しくするには、風通しが大事です。新鮮な外の空気を取り込み、熱と湿気を逃がすことで快適さが格段にアップ。エアコンの使用が減り、省エネにもつながります。

 まずは「風の通り道」をつくりましょう。玄関ドアとベランダ、キッチン窓と浴室窓など、空気の入り口と出口を意識して窓を開けてください。窓が少ない住居の場合は、換気扇を空気の出口として活用。洗面所や風呂、トイレの換気扇を一日中回しておくと、カビ防止にも役立ちます。排気力が強いキッチンの換気扇は効果絶大。例えば買い物に出かける前にスイッチを入れておけば、帰宅するまでに空気がかなり入れ替わっています。また、サーキュレーターや扇風機も、空気の循環を促してくれる便利なアイテムです。

 家具を配置する際に気を付けたいのは、窓をふさがないことと、窓が開閉しやすい動線を確保すること。また、風の通り道には背が低い家具を置くと、空気の流れがスムーズです。視界を遮るものがない空間は圧迫感がなく、見た目にも涼しくなります。

空気の通り道を確認

 間取り図で風の通り道を確認し、空気の流れを邪魔している背が高い家具があれば移動しましょう。

ローソファを使用

 背もたれが低いローソファは、空気の流れも視界も遮りません。現在流行中の脚付き家具なら、足元からも風が通り抜けます。
(写真提供/カリモク家具)

背板のない棚を活用

 窓際に棚を置く場合は、背板のないオープンシェルフがお薦め。風や光を通すので軽やかな印象になります。
(写真提供/DEJIMASTOCK)

担当者写真

中塩 五月さん

Tree style
TEL:090-1013-4245 http://tree-style.jp/